• きらりの、庭。

  • 大隅半島北部の緑のなかにある、認定こども園 きらり園。
    園のまわりには、四季折々のおおらかな自然が広がります。
    この恵まれた保育環境の中、きらり園の子どもたちは
    自然のフィールドへと飛び出し、毎日、”生きた遊び”を通して
    強さや思いやり、考える力や想像力を育んでいきます。
    丘から駆け下りる時の風の音や、ふかふかの草の匂い、
    葉っぱの上にキラキラ光る雨粒、花にとまった蝶々など、
    子どもたちをとりまく自然の命の輝きすべてが
    すこやかな心と体を育てる大きな園庭なのです。
  • きらりの、空。

  • 登園や散歩の時、また、緑の木々に囲まれた「森の園」への移動中に頭上に広がる美しい青空も、他では得られない自然からのおくりもの。
    大空を見上げる解放感が子どもの心に落ち着きと安らぎを与え、季節ごとに変わる空の色、不思議な雲の形、そして雨上がりの虹に子どもたちは、限りない発想力と想像力をふくらませます。
  • きらりの、夢。

  • やさしい木陰や、楽しげな小鳥の声に包まれ、のびのびと安心して遊べる保育環境は、子どもたちの夢を描くための心のキャンバスです。
  • きらりの、心。

  • 風の音と鳥の声だけが聞こえる静かな「森の園」は、
    子どもたちの集中力を高め、情操を豊かにしてくれる場所。
    日常から離れて書道や太鼓の練習に没頭したりじっくり絵本を読んだりするのにぴったりです。